藤沢市 歯医者・歯科「ともき歯科クリニック」一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科/インプラント/予防歯科/ホワイトニング お問い合せご予約は 0466-23-8148
  • HOME
  • クリニックの特徴
  • 診療案内
  • 医師・スタッフ紹介
  • アクセス・地図
  • お問い合わせ
歯科専用ブログ
歯科専用ブログの記事一覧

高速

2018.07.28

ともき歯科クリニック院長 高橋ともきです。

歯を削る機械のタービン。

キーンと音がしますよね。

歯医者特有のイヤな音。

これはタービンが高速回転している音です。

1分間に30万~50万回転しています。

よくわからないと思いますが、すごく回転しているんです。

その回転が空気と触れ合って生じる音があれです。

なので今のところ、消せない音なのです。

歯科医院ってイヤな音やイヤな匂いがたくさんありますね。

ぜひ頑張ってきてください!

 

ダイヤモンド

2018.07.28

ともき歯科クリニック院長 高橋ともきです。

歯を削る機械の先につけるバー。

これは「ダイヤモンドバー」と呼ばれます。

ばー

ダイヤモンドがちりばめられてます。

生体で一番固い部分とされる歯のエナメル質を削るにはダイヤモンドのような硬さが必要です。

ですからバーは高いです(笑)

とはいっても、装飾品のような値段ではないですよ。

 

 

歯の衛生週間

2018.06.06

ともき歯科クリニック院長 高橋ともきです。

6月4日は虫歯の日。

この週は「歯の衛生週間」です。

歯科検診も多く実施される期間ですね。

僕が園医をしている保育園も木曜日に歯科検診があります。

sika

藤沢駅の地下では藤沢市歯科医師会が歯のパネルを展示しています。

近くを通ったらぜひ寄ってみてください。

災害対策

2018.05.09

ともき歯科クリニック院長 高橋ともきです。

藤沢市歯科医師会の勉強会がありました。

僕は災害対策委員です。

講師を招き、歯科としての災害対策を学んできました。

避難所では口腔ケアが大切であるとのことです。

災害時に、歯ブラシを持って避難する人はほとんどいない。

そうですよね。

もし災害時に歯が痛くなったらどうしよう?

歯医者もやっていないし。

そんな時に避難所などで歯科医師としてできることはなんなのか。

いろいろとためになる話をたくさん聞けました!

しか

地域医療

2018.04.11

ともき歯科クリニック院長 高橋ともきです。

藤沢地区の地区別懇談会に出席しました。

tii3

地域医療はチーム医療。

様々な分野からの医療従事者が集まる会です。

医師、歯科医師、薬剤師、ケアマネージャー、看護師、歯科衛生士、ソーシャルワーカーなど。

今回は総勢100名以上の方が出席していました。

tii1

いくつかの班に分かれ、症例検討会をしました。

tii2

色々な分野の方の意見や考えなどが聞けて、とても有意義な会でした。

定期的に行われているので、次回もぜひ出席したいと思います。

 

歯周病

2018.03.31

ともき歯科クリニック院長 高橋ともきです。

「神奈川県民の62%が歯周病」

kana

歯周病にかかると最終的には歯を失います。

歯周病は基本的には歯ブラシをしっかりすることで予防できます。

ただ100%歯ブラシをしっかりすることは難しく、歯石がたまってきます。

その歯石が付いたままいくと歯周病になります。

歯石は歯科医院でしか取れません。

定期的に取りましょう。

歯石が付いたままどんなに良い歯磨き粉を使おうが、歯石の上から磨いても効果は発揮できません。

 

認知症

2018.02.28

ともき歯科クリニック院長 高橋ともきです。

先日、歯科医師認知症対応能力向上研修会に行ってきました。

ninn2

これから迎える超高齢化社会。

認知症の方も当然増えてくることが予想されます。

認知症の方の歯科治療、口腔ケア方法を学んできました。

今後は認知症への知識、治療技術は大切であろうと思います。

ninn3

デンタルショー

2018.01.17

ともき歯科クリニック院長 高橋ともきです。

歯科の展示会のデンタルショーに行ってきました。

ここでは最新の歯科機械や材料などが展示、体験ができます。

歯科は日々進歩していることがわかります。

必要なものは積極的に導入していきたいと思います。

一番興味があったものは「口腔がんの診断カメラ」です。

口腔内を写すとがんの箇所がわかるというカメラ。

これからの時代、必要なものだと思います。

妊娠時のお口の中

2017.12.09

ともき歯科クリニック院長 高橋ともきです。

妊娠してから虫歯や歯周病になった方が約40%いるそうです。

これは気づいてる人なので、自分が虫歯や歯周病になったかどうかわかってない方はもっといるでしょう。

妊娠中は女性ホルモンの分泌量が多くなったり、唾液が少なくなったりします。

女性ホルモンは歯周病菌の繁殖を促進させます。

唾液が少なくなると虫歯になりやすくなります。

また、つわりが始まると歯ブラシがつらいという人もいます。



妊娠中の歯科検診はとても大切です。

お子さんのためにも歯科検診を受けることをおススメします。

お子さんはお口の中に虫歯菌や歯周病菌を持たずに生まれてきます。

なぜ虫歯になるかというと、生まれた後にお母さんやお父さん、その他周囲から直接うつされるのです。

ですから、生まれる前にはお口のケアをしておくことが良いでしょう。

歯周病

2017.11.29

ともき歯科クリニック院長 高橋ともきです。

歯周病は自覚症状が少ない病気です。

ですから怖いのです。

歯ぐきに炎症がでると歯肉炎。

歯槽骨にまで進行すると歯周病。

どうしたら歯周病が予防できるのか?

歯周病は歯周病菌が原因。

その歯周病菌は歯石・歯垢に潜んでいます。

歯石は自分では取れません。

定期的に歯科医院で歯石除去をしましょう!!

1 / 3123




ページトップへページトップへ
Copyright(C)TOMOKI DENTAL CLINIC All Rights Reserved.